『エンジニアのための自分で始めるファイナンシャルプランニング』 に参加した

6/21(金) に行われた以下イベントの参加メモです。

感じたこと

  • 資産の運用を意識したことがなかったが、これからはもうちょっとちゃんと考えてやってみよう、とちょっと思った。
  • 本当に資料がよくまとまっていて、とてもありがたい。それでもこれだけの量になるのだから、人生って、FPって、簡単じゃないんだなと思った。

My Tweet Pickup

All -> #selffp @sogaoh since:2019-06-21 until:2019-06-24

資料のまとめ

ファイナンシャルプランニング基礎

@ymotongpoo さん

docs.google.com

(プロのファイナンシャルプランナーのお話)

[すみませんタイトル忘れました]

ブロードマインド 小林充弥 さん
(資料が公開されたらここに)

Q & A

メモ取れてたものを

  • Q.賃貸と持ち家、どっちが得?

    • A.人や嗜好によりけりかと
  • Q.iDeCoやNISAはどのような基準で選ぶのが良い?

    • A.自分でわかってるならネット型、相談しながらというなら銀行が良さそう
  • Q.エンジニアならでは、のアドバイスはありますか?

    • A.退職金前提にしない方がいい、ネットワークを広げると良いのでは
  • Q.FPをお願いしたい場合、料金は?

    • A.会社と業務提携していればかからないかと
  • Q.保険は保険会社に直接相談が良いか、横断的に相談に乗る業者の方が良いか?

    • A.後者の方が良さそう(フラットな目線)
  • Q.確定拠出年金は50代から始めてもメリットあるのか?

    • A.あると思う
  • Q.オススメの金融商材はありますか?

    • A.「株価の平均モノ」を1つ入れておくとか・・・
  • Q.逆にオススメしない商材

    • A.●●●●●のようなもの(手数料を二重取りしてるモノ)、 「毎月分配型」
  • Q.FPの資格を学ぶことによって得られたことはありますか?

    • A.落ち着いてお金に関係する話を聞ける
  • Q.税金のことなどに関してのキャッチアップ時の心がけ

    • A.複数の著書や評論をみて比較する
  • Q.確定拠出年金の個人型と企業型を併用できるか

    • A.できない
  • Q.オススメのアプリやツールがあれば

    • A.家計簿ツールは使ったほうが良いと思う
  • Q.地方の山肌の土地が売れずに困ってる。どうすれば良いか?

    • A.土地業者 -> ... -> 市区町村

さいごに

  • 素敵な会場だった
    • 今の現場から歩いて数分なのでときどき行きそう
  • FPの方からの資料が公開されないかなあとひそかに期待
    • 制度のことが整理してあったのでもう一度見たい・・・

Vuls祭り#5 に参加した

6/17(月) に行われた以下イベントの参加メモです。

感じたこと

  • MCの進行が楽しかった
    • 講演やLTが多かったり、デモが尽く失敗したり、画面がアタックチャンス状態で徐々に消えていくハプニングがあったりで大変だったと思う
  • Trivy / Dockle の話、個人的には今回のイベントの目玉になると思っていたが、まさにそうなった感じ
    • 活き活きとした話しぶりに、個人(小規模チーム?)開発にワクワクする感じの印象を受けた
  • ウェディングパーク社がPHPやLaravelの脆弱性チェックにかなり使っているとのことなので、使えるようになっておこうと思った

My Tweet Pickup

これがいちばん刺さった

第2位

All -> #vulsjp @sogaoh since:2019-06-17 until:2019-06-18

資料のまとめ

招待講演:IPAテクニカルウォッチ「脆弱性対策の効果的な進め方(ツール活用編)」

独立行政法人情報処理推進機構 (IPA) セキュリティセンター セキュリティ対策推進部 脆弱性対策グループ 渡邉様
(資料公開されたらここに入れます)

基調講演:Vuls v0.8.0

Vuls作者 kotakanbe (ちょんまげ) さん
資料は v0.8.0 の Release Note

github.com

イベント中のリリース速報は↓

スポンサーLT

LT

10分でできるDockerの脆弱性対策 ★

Dockle: GoodWith LLC. @tomoyamachi さん

qiita.com

Trivy: @knqyf263 さん

脆弱性まみれのWordpressをVulsで検知してみる

ランサーズ株式会社 @adachin0817 さん

プロダクトセキュリティチーム立上げにおけるVulsの活用

株式会社ウエディングパーク @okuken3 さん

脆弱性トリアージの考え方

Future @hogehuga さん

www.slideshare.net

Vulsを用いた脆弱性スキャンと自動適用の提案

@aintek4 さん

www.slideshare.net

Vulsクラウドサービスのご提案

Future @alfe_below さん

vuls.biz

China Vuls

@jkudo さん

www.slideshare.net

その他

関連情報

話中で触れられていたものです

#しがないラジオmeetup 3 に参加した

6/14(金) に行われた以下イベントの参加メモです。

感じたこと

  • 一旦は「転職」という観念から離れた身でありながら、「生き方」の話するよね、と思ったので参加エントリーしてみたのだが、参加してよかったと思った。
  • 自分が初めて転職したのが 2007年、それから 12 年で世の中の転職に対する考え方やフリーランスの見方は大きく変わったと思う。当時に比べて圧倒的に話がオープンになっていると思うし、近年は個人が成長できるかどうかにフォーカスされた事例が多くなっているのではないかと捉えている。会社の在り方もいろいろな面で社会的に問われている(と感じている)。
  • そういった中での、実際にアクションした方々の話を、共感だったり、自分とはこのあたりが違うかな、とひとりで対話しながら+Twitterしながら聞いていたわけで、貴重な過去と現在の話を、自分の未来に向けて変に失敗してしまわないように活かしていけると良いな、と思いました。

Live(d) Report

(公開収録のMCのようす描写)

左: gami さん、右: zuckey さん

My Tweet Pickup

Speakers

(多いので畳んであります :bowing_man: )

公開収録のゲストの方々

LTers

スポンサーLT by kiitok

その他

資料など

  • 公開されたのを見つけたら追加していきます
  • しがないラジオ Webサイト

おわりに

  • 配信には関心があって、障害対応のLiveなどやれたらいいなあなどと妄想してたりするので公開収録の様子は興味深かった(アクションはできてないですが。勉強も圧倒的に不足してるし。。)

  • 技術書書いたことない人はどれくらいいますか?に反応遅れましたが自分もです。引退までに何か1つは書きたい気はしています。

  • 個人的にいちばんありがたかったのは、ベストエフォートでがんばってまーすステッカーをもらったことです。

besteffort.jpg (413.0 kB)

SRE Lounge #9 に参加した

5/29(水) に行われた以下イベントの参加メモです。

感じたこと

  • SRE的な立場を離れてからおそらく初の SRE Lounge 参加になった。以前は "業務に活かしていこう" という思惑があったが、今は全くない状況で、異なった観点で聞いていた。
  • その状況下での感想として、エンジニア勉強会の潮流として "組織のよき在り方" を模索しているところがあるように思った。というのも、様々な指標(数字)をまとめる工夫に関する話が多いように感じていた。経営にアピールする・外部にアピールして内部に人を呼び込む、という意図が見え隠れ。
  • でも話しているその姿には熱意があり、間違いなく自分の言葉で取り組みを伝えていて、偉大だなと思いました。
  • ぜひ、自身が今後関わっていくプロダクトが、誰が運用することになったとしても正しく続いていくように、聞かせてもらった話・知見を活用していきたい。自分の属する組織が、伸びるように。開発の時点から意識して取り組むのが良さそう。

My Tweet Pickup

全部はこちら↓
https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%23srelounge%20%40sogaoh%20since%3A2019-05-29%20until%3A2019-05-30&src=typd

資料のまとめ

公開され次第、追加していきます

DIPのSREの活動とこれから

@bayashi_ok さん

タップルSREの軌跡と描く未来

@genreaaaa さん

エムスリーはどのようにしてSREを始めたか

@tshohe1 さん

その他

今日5/29は他にも気になった勉強会が3つもあった模様。
まとめが出てきたらざっと見たい。

#nifcloud_emup

#iddance

#phpstudy

Laravel Meetup Tokyo Vol.12 に参加した

5/22(水) に行われた以下イベントの参加レポートです。

感じたこと

  • どの資料も見返すとなかなかに秀逸。
    • 情報として知っておくことで管理画面・エラー監視・認証周りといったどうしても優先順位が本実装より下がる部分の、選択肢が広がるように思えてありがたい。
  • サンプルコードも見れるので、開発効率を上げる・運用改善に効果を出す、といったことにとても助けになりそう

資料のまとめ

20分発表

Eloquentに別れを告げるタイミングについて考えた

@strtyuu さん

https://speakerdeck.com/yahiru/eloquentnibie-rewogao-gerutaimingunituitekao-eta

Laravel Novaの適切な使い方を考えてみる

@suthio_ さん

https://speakerdeck.com/suthio/laravel-meetup-tokyo-vol-11

LT

Laravel+Slack通知で実践したリアルタイムエラー共有開発

@miyakey7 さん

https://speakerdeck.com/miyakeylab/laravel-slacktong-zhi-teshi-jian-sita-riarutaimueragong-you-kai-fa

エラー時にログに出力する情報と画面に表示する情報を分ける

@okashoi さん

https://www.slideshare.net/ShoheiOkada/laraveltokyo-147048533

Laravel + Auth0 + Stripe でECサイトを作ってみた

@kanbo0605 さん

https://speakerdeck.com/bumptakayuki/laravel-plus-auth0-plus-stripe-deecsaitowozuo-tutemita

Others

会場諸注意・会場提供企業紹介・アイスブレイク

アライドアーキテクツ社について

@hime0724 さん

Laravel Meetup Tokyo コミュニティより

@ex_takezawa さん - Laravel JP Conference - 2020/03/21 予定

My Topics

Tweets

https://twitter.com/search?f=tweets&q=%23LaravelTokyo%20%40sogaoh%20since%3A2019-05-22%20until%3A2019-05-23&src=typd

Hot

これが聞けてとてもありがたかった

吉祥寺.pm18 に参加した

5/17(金) に行われた以下イベントの参加レポートです。

感じたこと・ささったこと

  • (P)プロダクトを (M) 守る ことに関する知見が集まってるな、と思った(実は初参加。以前から一度行ってみたかった)
  • テクニカル方面では、今後に向けて知っておくべきこと・DBのこと・(OS)再起動のこと・プロセス終了のこと・アーキテクチャのこと・文字コードのこと。そしてヒューマン方面(?)では、海外プロジェクトでの体験・個人活動のモチベーション・コミュニティの中の自分・組織化論・マインドのこと。いろいろなんだけど、どれにも「味わい」があり、頭にも心にもマッサージをしてもらった感じがして、とてもよかった。
  • どの話も素敵だと思ったが、個人的には↓がいちばん刺さった。(証拠Tweet)

資料のまとめ

一部まだ見つけられていないため枠が空いてます

アンカンファレンスタイム

はじめてのB2B SaaS データモデリング

@__mnc90 さん

https://speakerdeck.com/mnc/hazimetefalseb2b-saasdetamoderingu

あのプロジェクトは今。 ~僕の考えた最強のRDBリファクタリング~

@soudai1025 さん

https://speakerdeck.com/soudai/kichijojipm

オープニング

@magnolia_k_ さん

https://speakerdeck.com/magnolia/ji-xiang-si-dot-pm18opuningutoku

Talks

Talk1:入門 障害対応五訓

@__papix__ さん

https://papix.hatenablog.com/entry/2019/05/17/193000

(スライドは出てきたらここに差し替えます)

Talk2:Linuxサーバーを再起動しない運用は終わりにしましょう

@setoazusa さん

https://blog.fieldnotes.jp/entry/kichijojipm-18

Talk3:「それでも、前を向きたい」〜悩みごとや難題にぶつかったとき、一歩踏み出すためのマインドセット

@i47_rozary さん

https://speakerdeck.com/rozary/soredemo-qian-woxiang-kitai-nao-migotoyanan-ti-nibutukatutatoki-bu-ta-michu-sutamefalsemaindosetuto

Talk4:Goで外部コマンドを起動する方法、停止する方法

@songmu さん

(スライドは出てきたらここに差し替えます)

Talk5:ぼくがかんがえたさいきょうのSoR/SoEあーきてくちゃ

@a_suenami さん

https://speakerdeck.com/a_suenami/soe-akitekutiya-number-kichijojipm

LTs

LT1:Perlとテキストデータクリーニング

@Korenari_D さん

https://speakerdeck.com/korenari/perltotekisutodetakuriningu-ji-xiang-si-dot-pm18

LT2:アメリカでのスクラム体験について

@mfks17 さん

(スライドは出てきたらここに差し替えます)

LT3:新しい一歩の原動力となる「快楽」と「使命感」について

@kondoyuko さん

https://speakerdeck.com/kondoyuko/pleasure-and-mission

LT4:YAPC::Tokyo 2019にスタッフ参加してみて

@odan3240 さん

https://speakerdeck.com/odanado/kichijojipm-18

LT5:影分身はじめました -1人から始める組織化への道-

@kakakazuma20 さん

https://speakerdeck.com/kakakazuma/ying-fen-shen-hazimemasita-1ren-karashi-meruzu-zhi-hua-hefalsedao

さいごに

  • 可能であれば次回も参加したい。
  • 終バスの時間を把握する必要がありそうですが、Kyash アカウント作って懇親会参加の準備と調整をしておきたいと思いました。
  • 翌日も大変な方が多そうな印象ですが、身体には気をつけて。

Note

『経産省と本気でアジャイル開発をやってみた!制度ナビPJで見えたGovTechのリアルと未来』に参加した

5/14(火)に行われた以下イベントの参加レポートです。

Twitter HashTag : #経産省と本気でアジャイル #GovTechJP

  • どういうわけか電源の減り具合が急速で、パネルディスカッションの分はメモを取れなかったので、取れたところまで書いたメモです。Twitterやったりしながらだったので抜け落ちはあると思います。
  • 資料が出てきたら思い出せることもあると思うので追記等します。

思ったこと

  • 大きな刺激を受けた。この国がよりよくなるよう、取り組みに注目したいし、可能であれば関わりたい気がした。
  • もっと、行政の取り組みがオープンになっていくといいな、と思った。
  • 価値を届けるためにデータを集めてユーザーの反応を見て改善していくの、全てにおいて共通で必要、と再認識した。

セッション概要とメモ

Peatix にかいてあったタイムテーブルのをもとに

19:00-19:10 挨拶&Code for Japan紹介

(Code for Japan代表理事 関 治之)

  • Chief Inovation Officer ...

  • 行政内でのアジャイル開発の実践知を広く伝えることで、多くのチャレンジが生まれて欲しい

  • Code for Japan の活動

  • Government as a Platform

  • なぜ行政でアジャイルが難しいか

  • とはいえ、やるしかない

19:20-19:25 スマート公共サービス官民協議会から見えてきたこと

(Code for Japan理事、前総務省大臣補佐官 太田 直樹氏)※順序変更で、先に

  • 未来投資会議 のプロジェクトの1つ、スマート公共サービス

  • GovTech には様々な前提がないとダメ

    • データが公開されている
    • APIが使える
    • ...
  • LGWAN 問題

  • 自治体向けアプリマーケットプレイスの検討

    • 食育
    • 課題
      • 調達ルールどうする?など
  • 垣根を超えて共有しないと学びが広がらない

19:10-19:20 経産省DXの取り組み

経済産業省情報プロジェクト室 室長補佐 吉田 泰己氏)※順序変更で、後に

  • 行政サービスと民間サービスとの圧倒的な質の差が見過ごせないレベルになってきている

  • デジタルトランスフォーメーションで行うこと2つ

  • 「ユーザー中心」のサービスへの移行

  • 良いUXを提供することでデータが集まり、分析によってサービスが改善されるようなサイクルを目指す

  • DXオフィス

    • 2018年7月立ち上げ
    • デジタル化推進マネージャー
  • 法人デジタルプラットフォーム

  • 法人インフォ (法人番号検索サイト?)

  • GビジネスID / gBizID

  • 補助金申請システム

    • 全てのフローを電子化
  • 中小企業支援プラットフォーム「ミラサポ」

  • 目指す世界(3つ)

    • 行政サービスが社会に溶け込んだ世界を目指す
    • サービスデザイン思考とアーキテクチャー思考の両立
    • 行政×テックを実現するエコシステムを広げていく

[いよいよ本題]

19:25-19:45 制度ナビPJ紹介&デモンストレーション

経済産業省中小企業庁 松原 匠氏)

  • 制度ナビって何?

  • なぜ制度ナビを作ったの?

    • 中小企業庁の職員でも適切な支援聖堂を探せる気がしなかったから
  • 施策マップ

  • seido-navi.go.jp

  • 災害支援の件数を絞り込んでユーザーがリーチしやすくする工夫

    • 1000件とか、見る気がしない
  • 3つの制度の問題

    • 定義の問題
      • 中小企業の定義って制度で違います。
      • さらに・・・創業者、業種、「先進的」などの単語
        • 補助金によって定義はバラバラ
        • -> あなたは中小企業ですか?
    • 補助金リテラシー問題
      • 補助金の交付要綱 80ページ
        • とても読みきれません
        • ルールも複雑
        • 毎年変わります
        • -> 自分が対象になると確信できます?
    • データ問題
      • アプリの実証に使えるデータがない
      • 集めようと思ったら全てバラバラ
      • 役所になかったり
  • -> アジャイルは素晴らしい でも行政自体が変わらないとダメ

    • 行政の担当者それぞれが意識をしていく
    • 利用者側も不便だと気づき訴えていく

19:45-20:00 民間から見た行政のサービス開発

(ギルドワークス株式会社 代表取締役 市谷 聡啓氏)

  • 「正しいものを正しく作れているか?」

  • 現実対越境

  • ミラサポ リニューアル

  • アジャイル開発で行きたい」

    • この言葉からわかることがたくさんある
      • 暗黙的な期待
  • 早く(少しだけ)形にできることの意義 9つ

  • 「探さない」というアプローチ

    • プラットフォームが探してくれる
    • 他人が探してくれる
  • 現状維持の大モーメンタム に臨むには、全員が探索的になるしかない

  • ユーザーのリアルな反応を全員で受け止める

20:00-20:15 民間による行政サービスのアジャイル開発

(株式会社グラファー 代表取締役 石井 大地氏)

  • People's Digital Government

  • 46,000

    • 国と地方の手続きの種類
  • Graffer 法人証明書請求

    • 履歴事項全部証明書
    • 印鑑証明書
    • 登記情報
  • Graffer フォーム

    • 戸籍謄本
    • 住民票請求
    • 独身証明書
    • 転出届
    • 課税証明書
      • 自治体ごとにフォームが違う
  • Graffer 手続きガイド

    • 転出・転入・転居 / 結婚・離婚 / 修正・死亡・相続 / 子育て支援
  • Graffer 窓口印刷

  • Graffer 電子申請

  • くらしのてつづき

    • 情報メディア
  • 行政が変わらないなら我々がつくる

  • 3.5

    • 開発者の人数
      • 登壇者が 0.5
  • 技術力ではなく組織力

    • Leadership
    • Frankness
    • Citizenship

以降、メモ取れず

20:15-20:25 休憩 -> 5分に短縮

充電を試みたが、あまり回復せず

20:25-20:55 パネルトーク①「行政は使いやすいデジタルサービスを作れるのか?」 -> 20分に短縮

(松原氏、林 大輔氏(経済産業省デジタル化推進マネージャ)、市谷氏)
(追加で、↓の平本氏が登壇。 sli.doへの質問に回答をしていた)

20:55-21:25 パネルトーク②「民間事業者と考える行政サービスの未来」 -> 20分に短縮

(吉田氏、平本 健二氏(内閣官房政府CIO上席補佐官/経済産業省CIO補佐官)、石井氏、木村 康宏氏(freee株式会社 執行役員))

21:25-21:30 クロージング

他の方からのレポート

250人もいたのでいくつか出てくると思われ、見つけたら追加していこうと思います。

  • 観測範囲で第1号でかつ内容の網羅性が最強 @suwa-sh さん note.mu

その他(些細なこと)

  • 経産省の敷地が広すぎる。半周することになったのですが遅れそうな気がして慌ててしまった。
  • 待ち行列ができて開始が遅れたこと、Techで解決するTryを期待したい。
  • Peatix の、連絡がメールで飛んでこないの、ちょっと微妙だなと思った。懇親会あるのに気がつかなかった。