sogaoh Memoris

だいたいが勉強会などの参加速報

Infra Study Meetup #1「Infrastructure as Code」に参加した

4/24(金) に行われた以下オンラインイベントの参加速報です。

これまで参加した中でじぶん史上最大人数(2400人超)となっていたイベントをリアルタイム聴講しました。はじめの配信トラブルも史上最大で開始が50分遅れましたが完走。 中身は非常に見事に、現状とこれからのIaCの指針を感じることができました。 いろいろと思い出したこともあり、連休前のプランニングに貢献あったような感覚。熱の冷めないうちにやっていきたいなあと思いました。

目次

My Tweet Pickup

トーク中では今日はこれが My best かなと。

基調講演からはこれ。「王が死んでも、王制は不滅!」の故事からの意味が込められてるトノコト。

LTから。かの現場から離れて2年ほどになるが、負荷試験や障害試験をコード化できたらなあ、と夢見。

これもLTから。聞いてて深く頷いた。

あと2つ、LT後のスピーカーディスカッションからのピックアップ。

全部はこちら↓
https://twitter.com/search?q=%23InfraStudy%20%40sogaoh%20since%3A2020-04-24%20until%3A2020-04-26&src=typeahead_click&f=live

資料のまとめ

(司会: @matsumotory さん)

基調講演「Infrastructure as Codeのこれまでとこれから」

@gosukenator さん

LT s

LT1「Infrastructure as Codeを導入して良かった点」

@makky12 さん

www.slideshare.net

LT2「Patterns in Infrastructure as Code」

@chaspy_ さん

LT3「Infrastracture as Code変遷 ~ やるようになったこと・やらなくなったこと」

@songmu さん

junkyard.song.mu

LT4「究極のInfrastructure as Codeを目指して」

@ueokande さん

LT5「Infrastructure as Code におけるTest-Driven Development とその差分」

@nwiizo さん

LT6「サービスメッシュを完全に理解する」

@inductor さん

LT7「History of Infrastructure as a code testing」

@yutachaos さん

LT8「フルリモートにおける Infrastructure as Code の効果」

@sonots さん

docs.google.com

さいごに

ますます、自分がどこを目指しているのかがわからなくなったりしたけど、 特に終盤、熱を呼び覚まされる何かを感じたイベントでした。次回も参加したい。

Appendix

話を聞いてて思い出したりしたツールたち

github.com

serverless.com

terragrunt.gruntwork.io

github.com

itamae.kitchen