(参加メモ)TeamUp Developers LAB ~開発組織のHRに関するナレッジシェアイベント~ #1

  • 2019/01/17(木) 19:30 〜 21:15
  • チームアップ株式会社(スローガングループイベントスペース)
    • 東京都港区南青山2-11-17(第一法規本社ビル2F)
  • Twitter HashTag:

Thoughts

  • どの事例も採用のみに限らずそのあとのフォローアップの取り組みをいろいろ工夫している、と感じた。
  • 情報共有にもとても気を遣っているようだ。「なるべく拾う」をけっこう聞いたような感覚。
  • 「正解はない」という声も聞いた。やはり、難しい世界だ。

AGENDA

1930-1940

オープニング
- チームアップ株式会社 のご説明

1940-2000

GVA TECH株式会社 取締役 CTO/エンジニア 本田 勝寛様
急成長するプロダクトの開発の現場で、CTOが取り組む自律型組織をつくる仕組み 〜事業とメンバーが共に成長できるように〜

  • 自律型組織を目指した理由:
    • 自分がボトルネックになってしまった失敗
      • 任せたほうがワークするとわかった
  • 業務の時間内に時間をとって話す(1 on 1)
    • 聞くことは3つ
      • アウトプットの振り返り
      • 障害、困っていること
      • チャレンジしたいこと
  • 情報共有
    • esa にドキュメント
    • Slack に分報
      • 社長の悩みもオープンに
    • 横串の情報共有(MTG)も定期的に
  • Q.どういう評価をしている
    • 現在制度作成中
    • 「納得のいく」を心がけている

2000-2020

株式会社エバーセンス / 開発部 部長 西山 修様
ベンチャーフェーズで実現する“急がば回れ”のオンボーディング ~全ては組織とプロダクトのコンセプトのために~

  • 主要なサービス

    • 妊婦さん向けアプリ ninaru (ニナル) など複数
    • 少ないエンジニアでマネージしている
  • 急がば回れのオンボーディングを3つの軸で

    • 採用
      • 何よりもビジョン共感
      • 成長ポテンシャル重視
      • 「いいヤツ」
    • 入社時
      • 本人の希望を出来るだけ尊重
      • 必ずメンターをつける、研修期間を設ける
    • 継続
      • ポジションローテーションを積極的に
      • 誰もがプロダクトに意見する
      • SREのようなテクニカルチームが開発者を支援

2020-2030

休憩
なかった・・・

2030-2050

シタテル株式会社 CTO / 開発・R&D 和泉 信生様
チーム全体での相互補完で実践する“リモート×オンボーディング”

  • 服を「シタテル」

    • マッチング と 生産管理 のサービス
    • 顧客は ブランド、メーカー
  • おもいつく特徴

    • firefighterチャンネル
      • ヘルプを投げる
        • 炎上案件とたたかう、という経緯からの名前
        • とにかく助け合う体制
      • 「IE5でCORSがきかない」という問い合わせ
    • コミュニケーションは Slack、Kibela、Zoom
    • シニアの「いい方」が熊本で採用できた
  • 事前質問への回答

    • スポットメンバー(業務委託など)の巻き込み方や雰囲気の作り方:工夫した
  • 議論も全て残す(Kibela

    • リモートワークのルール策定のときなど
  • 事件簿

    • レビューの当たりが強い
      • その場で解決
      • 若い頃に学生を見ていた効果
    • オフィススペース限界
  • 心がけていること

    • フラット
    • 積極的に助け合う
    • おとせるものは、できるだけおとす
      • ボードメンバーから、開発メンバーへ
      • 忙しくてやらなかった、というのを拾う

2050-2100

アンケート
5段階評価的な設問には回答
自由回答はすみません書かなかった。。

2100-2115

懇親会

  • ありがたくPizzaとソフトドリンクをいただきつつ、本田さん・西山さんとざっくばらんに話した。
    • スタートアップの採用の難しさと勘所について
    • 内容は、心に留めるのみで。

Note


  1. イベントページに出ていた #CTO ではないようだ

SRE Lounge #4 に参加した 2018/07/03

Introduction

単純にキーワード「SRE」に引き寄せられて、2018/07/03 に、SRE Lounge #4 に参加した。
スケールが大きく感じたり、共感を覚えたり、自分の中でついていなかった整理が少しついたように思い、
良い機会だったと感謝のつもりで簡単にまとめてみます。

Event Information

  • 素敵な会場
  • タコスとドリンクで歓迎(ありがたや。ちょっとピリ辛だった。)
  • 内気な自分の割には今回は懇親会をいい感じで楽しめて良かった

Presentations

SRE @ Indeed

  • アイスブレイクが indeed のCM
  • HRのプロセスを変えていきたい、トノコト
  • Slides are almost full English.
  • 監視・OnCall のツールは SaaS を利用
  • 「 データセンターごとフェールオーバー」圧巻
    • それを RAID : Redundant Array of Inexpensive Datacenters と呼ぶのだそうな
      (発表資料ではないのですが)

ランサーズで積み重ねたSRE的取り組みとこれから

  • いろんな技術を使ってる
  • 業務上の役割の整理ができている感(数がすごかったが)
  • 監視系は SaaS に移行したトノコト
  • 環境の整備にだいぶ苦労した・している
  • ミドルウェアバージョンアップの戦いが控えているらしい

弱者のSRE戦略 / SRE strategy for small team

  • 正直なところ、このへんでスーパードライにやられました
  • メンテナンスは季節要因・顧客事情に従って(ビジネスってそりゃそうですよね)
  • 「技術課題に対して優先順位をつけて各個撃破」に強く共感
  • 「情報戦」「接近戦」で、事業へコミットして存在感を上げる

My Comments

  • その後の懇親会で、採用事情など話しました
    • どこもそれぞれ悩みが尽きないようで
  • SREって社内情シスやること多いですよね
    • 頼られちゃうんですよね
  • 海外のチームと一緒に仕事をすることに関して
    • 文化の違いって面白いものですね。考え方柔らかくなりそう。

Other Memo

  • 会場を使わせてもらえるスポンサー募集してるそうです
    • 今回は一時期申し込み 50人くらいいたかと

FastHandleをやってみている(1)

IaC [Infrastructure as Code] への取り組みとして、FastHandle を使ってみようと思ってさわりはじめている。

FastHandle - IT Operations Examples [FastHandle - IT Operations Examples]

複数インスタンス環境

VagrantCentOS(7)を1+4台とubuntu(16.04)を2台、上げてみた。
休日で他のことほぼやってないからかなと思うが、今のところそんなに重くはない。

github.com

インストール前段階

ガイドに従って設定を。
多少、自己流に調整している。
https://fasthandle.net/preparation/installing.html

fasthandle ユーザー追加

% vagrant ssh handle00  
[vagrant@handle00 ~]$ sudo su -

[root@handle00 ~]# useradd fasthandle
[root@handle00 ~]# echo 'fasthandle:fastpass' | chpasswd
[root@handle00 ~]# su - fasthandle
[fasthandle@handle00 ~]$

fasthandle ユーザー設定調整

[fasthandle@handle00 ~]$ cp -p ~/.bashrc ~/.bashrc.`date -d '1day ago' +%Y%m%d`
[fasthandle@handle00 ~]$ cat << @ >> ~/.bashrc
>
> # FastHandle env
> [ -f ~/fhhome/fh.env ] && source ~/fhhome/fh.env
>
>
> # history
> HISTSIZE=10000
> HISTFILESIZE=10000
> HISTTIMEFORMAT='%F %T %z '
> PROMPT_COMMAND="history -a"
>
> PS1="[\u@\h \w \t]\$ "   # -> あとで PS1="[\u@\h \w] に変更した
> @
[fasthandle@handle00 ~]$

[fasthandle@handle00 ~]$ ssh-keygen -t rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/home/fasthandle/.ssh/id_rsa):
Created directory '/home/fasthandle/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase):
Enter same passphrase again:
Your identification has been saved in /home/fasthandle/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /home/fasthandle/.ssh/id_rsa.pub.
・・・

[fasthandle@handle00 ~]$ vi ~/.ssh/config
[fasthandle@handle00 ~]$ cat ~/.ssh/config
# Don't listen yes/no.
host *
      # Ignore "WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!"
      StrictHostKeyChecking no
      UserKnownHostsFile=/dev/null
[fasthandle@handle00 ~]$
[fasthandle@handle00 ~]$ chmod 600 ~/.ssh/config
[fasthandle@handle00 ~]$ ls -la ~/.ssh/config
-rw-------. 1 fasthandle fasthandle 162 Apr 28 22:35 /home/fasthandle/.ssh/config
[fasthandle@handle00 ~]$

「2時間で使いこなす!JetBrains開発ツール ハンズオン」を受講した

Introduction

2017/10/23 に、WindowsからMacにのりかえでだいぶ鈍ってしまっているコーディングスピードを取り戻したく、見つけたハンズオンに参加した。
「ブログ枠」の義務を果たすべく。全容を明かさない程度に。

Event Information

  • 会場は満員(キャパシティは多くはないです)
  • 初めて来た人はおそらく一度はするであろうくらいの、やや到達するのに地図の再確認を要する場所(数分ですが迷いました)
  • 初心者には予習が必要であろうと思われるスピード(まばたきできない2時間。イヤほんとに。)

Impressions

  • 「弊社厳選のショートカット集」は絶品。
  • それを実際に使って覚えられるのが嬉しい。
  • 4〜5年使ってなかったことをこの2時間でだいぶ知った。今までがもったいない・・・

My Comments

  • 費用対効果的観点からも非常にオススメなコース。
  • 「空気を読む」と「リネーム」はこれから多用しそう。
  • Macの設定自体、自分はもっとちゃんと調整しなければならないことに気づいた。。

Other Memo

  • JetBrainsのIDEはEmmet省略記法に対応している
  • File -> Power Save Mode で省電力モード。ヒント出なくなるが。
  • git add はそのときの状態でバージョン管理に追加される点に要注意らしい。

July Tech Festa 2017 直後コメント

Introduction

2017/8/27 に行われたインフラエンジニアの夏の祭典「July Tech Festa 2017」へのコメントを。
忘れないうちに、と思い。

Event Information

  • テーマは「ITエンジニアリングの本質を極める」だったそうな。
  • 何回めの開催かわからないが、初めて参加した。
  • 無償の勉強会ではないが、フルチケットを買って参加する価値は大きいと感じた。関わり方次第だが、費用対効果は高いと思う。

Lectures Line-up

もうたくさんまとめが出ているのでそちらへのリンクを出すにとどめちゃいます。

My Comments

今のエンジニア界隈の問題

懇親会で何人かの方と話していて感じたのですが、採用・人事評価のことを「最大の問題」と感じている方が複数いました。
自分はあまり人に話しかけたりするほうでないので、その中で高確率でこの話が出るということはどこの会社も「辛い」のかなと予想されました。
うまくいってるのはごく一部なのであろうと。

エンジニアに求められる技術要素

プログラムを見て感じたのですが、「AWS」「GCP」といったパブリッククラウドに関するキーワードが少ないような。
もう「当たり前」なんでしょうね。講演の中でも解説なく話が進んだパターンがほとんど。一方で Ansible の説明が本当に丁寧。売り出していきたい感を受けました。
それと、数日前の「あの」話はそんなには聞かれなかったのですが、「ネットワーク」エンジニアの需要が高いように感じた話がいくつかありました。
「セキュリティ」「モニタリング」もまた、これからのエンジニアには欠かせない要素であろうと懇親会でも感じました。
「根っこ」と「最上層(人の目に見える層)」をきちんとおさえなきゃな。

やりたいエンジニアリングを実現するのに大切なこと

とあるセッション(D20)で聞いた名言に尽きると思いました。
「他人の心を粗末に扱うな。お前の心を粗末に扱う人間は相手にするな」
Don’t be reckless with other people’s hearts. Don’t put up with people who are reckless with yours.

Other Memo

  • 最近 Windows から Mac に変えてよかった。バッテリーのもちがほんとに全然違う。こういう1日がかりのイベントにはもはや必需品であろうと。
  • English Cafe 行けばよかった。あの空いた時間に。
  • 会場のIT環境の充実さに時代を感じた。(自分、大学卒業が Windows 97 やら Me の頃)

AWSのこと・DBのこと・データ活用のこと

Introduction

2017/7/5 に開かれた「AWS Solution Days 2017」に 14:45 まで行ってきた。
自分の脳になかなかの刺激になったのでまとめておく。

Event Information

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/2017/solutiondays20170705/

  • さすがにビッグイベント。見事に満員。
  • この会場のときはモバイルWiFiが必須と感じた。
  • スマホの充電準備は可能だが、PCの充電は半日がせいぜいだ。。

Lectures Line-up with my Impressions・Memos

基調講演

Amazon Aurora for PostgreSQL Compatibility を評価して」

https://www.sraoss.co.jp/event_seminar/2017/AWS_DB_Day_2017_SRAOSS.pdf

  • RDS と Aurora の比較話。

    • 「3倍の性能」というのがメモに残ってる。資料見たら思い出せるかな・・・ とはっと思って SRA OSS 社のサイトを見てみたらあった。14枚目。
  • Pgpool-2 、今後の相手になりそうなので傾耳。

    • シャチョーさん、Aurora に対応するって、ご宣言。 その日を楽しみにしてみる。

「先行事例から学ぶ、DB 移行成功のポイント」

  • オンプレからAWSへ移行した効果の話。

    • 機能の向上:DBローカルの操作で操作ログを取得
      • ちょっとピンとこなかった
    • コスト削減:初期・ランニングコストが半分
      • でしょうねでしょうね
    • 運用効率化:テープ→S3
      • わかりますわかります
  • アクアシステムズのサービスご紹介(宣伝?)

    • データベース移行アセスメント
      • コンサルみたいですね。(「普通にありそう」が感想)
    • データベース変換
      • やってくれるんだ。。(古いやつからのも・・・?)
    • アプリの変換
      • mjsk!?(これはすげぇな・・・興味ある)

「シェアードナッシング型 Web アプリケーションと Kinesis Firehose による大規模データストリーム処理」

  • 午前でいちばんアツかった話。

  • 「工夫のポイント」とメモしたこと。

    • 「静的データ(セリフなど)は メモリ 、動的データ(変化して一貫性が求められるもの)は DB」
  • 「やっぱりね」とメモしたこと。こういうことないと「支えきれない」

データレイク Track

クラウド上のデータ活用デザインパターン

  • まとめは、個人的には31枚目だと思っている。

  • マネージドサービスの、いいお勉強になった。

    • どれがどういうものなのか、一気に知った。
  • 次の Glue の話とも合わせて

    • S3 にデータをためるところから始めてね、が Amazon さんのガイド。

ETL をサーバーレスで実現する新サービス AWS Glue のご紹介

(資料をここに埋め込む。出すって言ってたが)

  • Glue は、PySparkをカスタマイズして使う
    • 世に出ているETLツールはノンコーディングを打ち出しているのに対して、Glue はコーディングが必要なところが「違い」
    • 開発者にインフラを意識させない。実装に集中してもらうのが、AWSのサービス、なのだと。

自身の「まとめ」

  • 知ったことを、ぜひ活かしたい

    • QuickSight に入門したい
    • Glue はうまく使ってみたい
    • 「Aurora で Pgpool-2」を、目指してみたい
  • 料金には気をつけないとですが

はじめての 5 分 LT

Introduction

2017/5/25 に開かれた「【エンジニア交流会】大公開!普段は見られない「社内ツール」の作成&活用ノウハウLT」にて、初の LT をしてきた。 5分は本当にあっという間だった。他のLTも加えて簡単にまとめレポートといたしたく。

Who am I ?

https://twitter.com/sogaoh

Event Information

  • 快適な環境
  • 意外な再会があったり
  • 初めて知ったのは「Amon2」

My First LT

「誰でも押せるボタン」

  • 「Jenkins UI から各種スクリプトを少複数のパラメータで実行する「ボタン」で、デプロイや処置・データ出力等を誰でもできるツール群を利用しているので紹介します」という概要
  • 「図が複雑で凄そうだった」と懇親会で聞いて、失敗だったのか成功だったのか把握できない
  • Talk は自分的にはうまくいかなかったような感覚
  • というのは、いちばんややウケだったのが、最後の最後の「We’re hiring」的なところで、中身に食いつかれたような様子を感じなかったので

Another LT

「公開鍵管理ツール Keeman」

(資料は公開されていない模様)

  • 「Powered by Amon2」の Perl のツール、トノコト
  • シンプルなUIで一見で誰がどのホストにログイン等できる権限があるか、可視化されたもの
  • ホストの登録をどうやっているんだろうと気になった

「どうにかがんばるSelenium

(資料は公開されていない模様)

  • がんばってましたね。。
  • Selenium IDE が懐かしく感じました。

「非公開な社内限のCLIツールを Homebrewで配布したい」

  • GitHub APIcurl + jq で取るところには親近感を感じた
  • Mac を使ったことないので後半は正直ピンとこなかった
  • いい配布方法というか、置き方だなと思い、応用したくなった

「働きやすい社内を目指す!二酸化炭素計測ツール」

  • 環境状況を可視化するツール、トノコト
  • 資料もきれいで、話もいいテンポだなあ、と感じた
  • 「身近な話題」感が、聴衆を引き込むコツなのだろうな、と
  • 技術的側面も交えてるし、「不満を感じたらまず数値化」と大事なことも言っていた

「アプリチームを支えるSlackBot」

  • 「忙しいと見落とす問題」ですよね
  • Google Cloud Platform をバリバリ使ってる感じ
  • ツールというよりプログラミング楽しんでます的な印象

まとめ

  • 自分のやつをちょっとデモしたかったけど、5分の枠じゃ難しいなと感じた
  • どこの会社もいっしょうけんめい改善を考えてるんだなーと思った