AWSのこと・DBのこと・データ活用のこと

Introduction

2017/7/5 に開かれた「AWS Solution Days 2017」に 14:45 まで行ってきた。
自分の脳になかなかの刺激になったのでまとめておく。

Event Information

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/events/2017/solutiondays20170705/

  • さすがにビッグイベント。見事に満員。
  • この会場のときはモバイルWiFiが必須と感じた。
  • スマホの充電準備は可能だが、PCの充電は半日がせいぜいだ。。

Lectures Line-up with my Impressions・Memos

基調講演

Amazon Aurora for PostgreSQL Compatibility を評価して」

https://www.sraoss.co.jp/event_seminar/2017/AWS_DB_Day_2017_SRAOSS.pdf

  • RDS と Aurora の比較話。

    • 「3倍の性能」というのがメモに残ってる。資料見たら思い出せるかな・・・ とはっと思って SRA OSS 社のサイトを見てみたらあった。14枚目。
  • Pgpool-2 、今後の相手になりそうなので傾耳。

    • シャチョーさん、Aurora に対応するって、ご宣言。 その日を楽しみにしてみる。

「先行事例から学ぶ、DB 移行成功のポイント」

  • オンプレからAWSへ移行した効果の話。

    • 機能の向上:DBローカルの操作で操作ログを取得
      • ちょっとピンとこなかった
    • コスト削減:初期・ランニングコストが半分
      • でしょうねでしょうね
    • 運用効率化:テープ→S3
      • わかりますわかります
  • アクアシステムズのサービスご紹介(宣伝?)

    • データベース移行アセスメント
      • コンサルみたいですね。(「普通にありそう」が感想)
    • データベース変換
      • やってくれるんだ。。(古いやつからのも・・・?)
    • アプリの変換
      • mjsk!?(これはすげぇな・・・興味ある)

「シェアードナッシング型 Web アプリケーションと Kinesis Firehose による大規模データストリーム処理」

  • 午前でいちばんアツかった話。

  • 「工夫のポイント」とメモしたこと。

    • 「静的データ(セリフなど)は メモリ 、動的データ(変化して一貫性が求められるもの)は DB」
  • 「やっぱりね」とメモしたこと。こういうことないと「支えきれない」

データレイク Track

クラウド上のデータ活用デザインパターン

  • まとめは、個人的には31枚目だと思っている。

  • マネージドサービスの、いいお勉強になった。

    • どれがどういうものなのか、一気に知った。
  • 次の Glue の話とも合わせて

    • S3 にデータをためるところから始めてね、が Amazon さんのガイド。

ETL をサーバーレスで実現する新サービス AWS Glue のご紹介

(資料をここに埋め込む。出すって言ってたが)

  • Glue は、PySparkをカスタマイズして使う
    • 世に出ているETLツールはノンコーディングを打ち出しているのに対して、Glue はコーディングが必要なところが「違い」
    • 開発者にインフラを意識させない。実装に集中してもらうのが、AWSのサービス、なのだと。

自身の「まとめ」

  • 知ったことを、ぜひ活かしたい

    • QuickSight に入門したい
    • Glue はうまく使ってみたい
    • 「Aurora で Pgpool-2」を、目指してみたい
  • 料金には気をつけないとですが